本文へ移動

光寿会について

ごあいさつ

社会福祉法人光寿会 理事長 太田宣承
昭和53年4月、湯本温泉の街中で社会福祉法人光寿会の歴史は始まり、それから40年以上の間、雪深さで培われてきたこの地の人情味に支えられ続いて参りました。
『光寿苑を〝生きる意味を発見しあえる道場〟としたい』
という初代からの理念を受け継ぎ、人が人として大切にされ、公平に生き、やがて息を引きとっていくその瞬間に立ち会い、またその先に往かれた尊い方々から教わった心と関わりを携え、日々のケアに勤しんでおります。

お一人おひとりの人生に関わり、お年寄りが主役であるこの場所で、その方々が誇りをもって尊んで人生をお過ごし成れるよう『支え(ケア)』になることこそ私たちの役目と存じ、これまで歩んで参りました。
この支えは、お年寄りが職員に対して『あんたが頼りだよ…』って思って頂くことから始まり、それに対して少しでもお役に立ちたいと願う職員の心が相まって成り立つものです。

この『生きる意味を発見しあえる道場=互いが尊びあえる場所』という絶対理念を護っていくためには、やはり人がいなくては成し得ません。
どうか、ご一緒に歩んでくださるお仲間として、光寿会の一員になって頂けませんか。
お年寄りと職員が、お互いが尊びあえる場所づくりを目指して、進んで参りましょう。

基本理念


『生きる意味』を発見し合える道場にしよう』
寝たきりに近い状態で、一生を苑生活で閉じようとしている方が多いわけで、その方々との共同生活の中で、寝たきりであっても「生きる意味」に何の遜色も無いことを発見すべきである。それは、「職員からお年寄りへの愛」というだけの人間関係ではなく、お年寄りから職員への心づかい、愛などによって、初めて福祉職員として働いていられることを忘れないことである。
お世話する者とされる者という関係ではなく、むしろお年寄りに何かを学ぶという職員、そういう関係でありたい。

光寿会職員心得*2021*

精神面   『こちらが笑えば あちらも笑う』
相手が笑顔で挨拶をしてくれないとしたら、貴方はどんな事を想うでしょうか。
いい気分ではないかも知れませんね。そんな時こそ、どんな行動をとるかによって自分自身の真価が問われる事でしょう。笑顔で挨拶してくれないのは何故だろう?体調が悪いのかな?何か悩んでいるのかな?はたまた、私自身が声を掛けづらい空気を創ってはいなかっただろうか?…そのように捉え、自分から快い笑顔の挨拶をして参りましょう。

① 自分がされて嫌なことはしません、させません。
自分が『不快に思う事、嫌がる事』を相手にしない!という意識で再度見直しましょう。その上で、その人にとって嫌な事は何なのか、本音を言えているだろうか等、しっかり検証しましょう。

② 誰がいてもいなくても、裏表のない言葉づかいをします。
裏表のない言葉は、相手を敬う心であると同時に自分自身を尊ぶ心です。相手の人生を想像し敬う言葉掛けはいずれ自分に返ってきます。「自利利他」の精神でお互いが尊びあう言葉を使いましょう。

③ その人の大切なもの・場所、こだわりを最期まで大切にします。
人により、大切なことや場所は違います。美空ひばりさんの歌は素晴らしいですが、全員が好きとは限りません。その人にとっての特別なことをきちっと把握するために聞き取りを大事にしましょう。

④ お年寄りの〝想いに寄り添う〟事が私たちの仕事です。
私たちの役目は、お年寄りの傍で過ごし、より想いを拝聴し受けとめていく事です。お年寄りの想いを形にするために、多職種が連携して知恵を絞って的を射たケアを創造して参りましょう。

⑤ 3.11から10年… 『心の防災とリスク管理』 の意識を深めていきます。
『心の防災』は、普段の私たちに起こる「慢心・先入観・偏見」の心を指します。〝これぐらい大丈夫〟〝きっとこの人はこうだ〟という無意識の思い込みを点検し、防災とリスク管理に努めましょう。
TOPへ戻る